静脈内鎮静法 歯医者さんが怖い

歯科医院が怖くてなかなか来院できない方へ

院長 江藤一之

子どものころに経験した歯科医院での嫌な経験や歯科医院のイメージから、多くの方が「歯医者さんが怖い」「痛いことをされるから嫌だ」と思われているのではないでしょうか? 歯科医院に対してそのようなイメージがあると、足が遠のいてしまうもの。受診したとしても、治療への恐怖から血圧が上がったり、動悸を感じたりして身体的・精神的にいいものではありません。

エトー歯科は、患者様の治療への不安な気持ちに寄り添い共感し、治療への苦痛やストレスを最小限にして気持ちよく治療を受けていただけるように努めています。抜歯やインプラント治療などの際には静脈内鎮静法を採用することもあります。うたたねしているような心地よい気分で治療を受けていただくことができ、不安や苦痛を感じることは一切ありません。

静脈内鎮静法とは

腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入する方法です。点滴して数分後にお薬が効いて眠くなります。意識はありますが、不安や緊張が和らいで痛みが感じにくくなります。
場合によっては完全に眠らせる事も可能です。

Step1

心電図、血圧計などの計器や点滴の準備をします。

Step2

患者様の状態を見ながら鎮静剤をゆっくりと注入します。

Step3

不安や緊張がとれていると確認できた段階で、治療を開始します。適宜血圧や脈拍などを確認します。

Step4

治療後は患者様の状態を確認して、医師が帰宅の許可を出します。

効果
  • 不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
  • 緊張が強い患者様の場合、血圧が高くなったり脈拍が早くなったりすることがあります。静脈内鎮静法を用いることで血圧や脈拍が安定し、安楽な状態で治療を受けられます。血圧や呼吸を監視しながら処置しますので、持病をお持ちの方でも安心です。
  • 健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。
  • お口の奥に器具が入ると“オエッ”となるおう吐反射を抑えられます。
  • 何らかの身体の不具合(心拍数増加、血圧上昇、心電図異常など)が生じた場合でも、点滴をしていますので、安全かつ適切な対応が可能になります。
適応となる方
  • 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
  • 歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたりしたことのある方
  • 高血圧症、心臓病などの持病があり、全身管理が必要な方
  • おう吐反射が強い方
  • リラックスして歯科治療を受けたい方

エトー歯科の静脈内鎮静法

当院には口腔外科麻酔学の専門家が在籍していて、静脈内鎮静法にも精通しています。これまで多くの口腔外科治療に静脈内鎮静法を採用してきた実績があり、静脈内鎮静法を用いた患者様からは「気が付いたら手術が終わっていた」「やってよかった」と大変ご好評いただいています。

当院の静脈内鎮静法の特色は、静脈内鎮静法とあわせて痛み止めや腫れ止めを一緒に投与できること。治療中・後の痛み、腫れといった症状を抑えることができ、治療後の苦痛を軽減することが可能です。全身状態をしっかり管理しながら行いますので、安心してお任せください。
料金は1回 30,000円です。術後はできれば付き添いが必要ですが、無理な場合は正常に戻るまで院内で休んでいただきます。また、遠方の方でホテル宿泊を希望される方はこちらで近隣提携ホテル(ホテルローズガーデン)を一泊9,000円でご紹介致します。

体験者の声

すごく楽 50代女性

人生で初めての麻酔でしたが、かけられるとスーっと寝てしまい、次に気づいたときには「終わりましたよ」って先生に言われて不思議な気分でした。術後少しボーッとしましたが、すごく楽に治療できました。

持病がありましたが…… 50代女性

高血圧ぎみでしたので、少し心配していましたが、術中に血圧を適宜測ってくれて、大丈夫ですよって声をかけてくれていたので安心してお任せできました。

音が聞こえなくてよかった 30代女性

「キーン」という音がたまらなく嫌でした。静脈内鎮静法をしたら、音がまったく気にならなくなって非常に楽に治療できました。ボーッとした感じになって気持ちよい気分でした。次回また手術をする際にはお願いしようかと思います。

インプラント治療に 70代 男性

インプラント治療の際に、静脈内鎮静法を行いました。まったく怖い印象はなく、あっという間に手術は終わってしまいました。痛み止め・腫れ止めも入れてくれたのがよかったのか、家に帰ってからも痛みはありませんでした。

  • トップページへ戻る
  • ページのトップに戻る