歯周病治療 歯ぐきから血が出る

歯ぐきのトラブル、甘くみると危険です

  • 歯ぐきから出血する
  • 口臭がきつい
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯がグラつく
  • 口の中がネバネバする
  • 歯と歯のすき間が広がっている
  • 歯が長くなったように見える

このような症状がある場合、歯周病の可能性があります。歯周病とは、プラークや歯石に棲みつく歯周病菌によって歯周組織が炎症を起こし、歯を支えるあごの骨を溶かす病気です。炎症によって、歯ぐきが腫れる、出血するといった症状が起こります。

歯周病は、日本人の成人のうち約8割が患者または予備軍とされる病気。歯を失う原因の第一位にもなっています。初期は自覚症状が乏しいため気づかないまま進行しやすく、重症化することも珍しくありません。重症化すると歯を支える骨まで冒され、歯を失うこともあるのです。ですから、上記のような症状がある場合には早めに受診しましょう。

お口のなかだけじゃない 歯周病の影響

歯周病は、さまざまな全身疾患の原因となることがわかってきています。口腔内の歯周病菌が体内に入り込むと、各種臓器に悪影響を及ぼしてしまうのです。有名なものとしては心臓病や肺炎、糖尿病などがあげられます。

糖尿病 糖尿病になると免疫機能が低下し、歯周病にかかりやすくなります。また、歯周病にかかると、血糖コントロールが困難になり糖尿病を悪化させることがわかっています。
心臓病 歯周病菌が心臓の血管に入り込んで血栓を作り、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こすことがあります。
肺炎 歯周病菌が気管に入ると、肺で炎症を引き起こして肺炎になることがあります。
早産 歯周病菌が体内に入り込むと陣痛に似た筋肉の収縮を引き起こし、早産や低体重児出産を招くことがあります。

歯周病検査

当院では、診察だけでなく、下記のような検査をしっかり行い患者様のお口の状態を客観的に評価したうえで、歯周病治療を行っています。検査をしっかり行うことでお口の状態を詳しく知り正確な診断ができ、最適な治療計画を立てることができます。

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど進行していることになります。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨が薄くなっているほど進行していることになります。

当院の歯周病治療

当院では、患者さまのお口の状態や症状に合わせて、以下の歯周病治療を行っています。

PMTC

軽度の歯周病に対して行います。専用器具と研磨剤を使って普段の歯磨きでは取り除けない歯の汚れを取り除きます。

SRP 軽度の歯周病に対して行います。専用器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯の表面や歯周ポケットのすき間に付着したプラークや歯石、バイオフィルムを除去。その後、ザラついた歯面をなめらかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病は早期発見が大切です

歯周病は、サイレント・ディジーズ(静かなる病気)と呼ばれるほど自覚症状が乏しく、進行しやすい病気です。症状に気づいてから病院に行っては手遅れになってしまうこともあるのです。ですから、自覚症状の有無にかかわらず、定期検診に行って病気の有無のチェックや歯のクリーニングなどの処置を受けることが重要です。

エトー歯科では歯周病治療はもちろん、歯のクリーニングなどの予防処置・ケアも行っています。健康な口腔内環境に保つお手伝いをさせていただきますので、お気軽に当院にお越しください。

>>エトー歯科の予防歯科はこちら

  • トップページへ戻る
  • ページのトップに戻る