インプラント 失くした歯を補いたい

ふたたびしっかり咬める喜びを手に入れましょう

インプラントとは、入れ歯やブリッジなどと同様に失った歯を補うための治療法です。歯を失った部分のあごの骨にチタン製のインプラント(人工歯根)【straumann ¥216,000~】を埋入し、その上部にセラミック製の人工歯を被せて歯の機能と見た目を回復させます。見た目も咬み心地も本物の歯に近いため、最近ではインプラントを選択する方が増えています。

インプラントはあごの骨としっかり結合するため、食べ物をしっかり咬むことができます。また、人工歯はセラミック製のため、天然歯と見分けがつかないほど見た目が自然です。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 天然歯と同等の咬み心地が得られる
  • 残っている歯にダメージを与えない
  • あごの骨に咬む刺激が伝わり、あごの骨がやせにくい
  • 手術を行う必要がある
  • 費用が高い
  • 治療期間が長い

失ってしまった歯、そのままにしていませんか?

歯は全体のバランスから成り立っているので、たった一本の歯を失った場合でもそのままにしておくのはよくありません。 そのままの状態を放置してしまうリスクをご案内します。

1.歯並び・咬み合わせの乱れ

失った歯と咬み合う反対側の歯が徐々に伸びてしまいます。また、抜けた歯の両隣の歯が傾いてきて咬み合わせが乱れてきます。咬み合わせの乱れにより肩こり、あごの関節の痛みなどが起こる場合も。

2.見た目の悪化

歯が抜けた部分が目立ち、笑顔を見せることに抵抗を覚えたり、コミュニケーションを阻害したりします。また、歯ぐきが徐々に下がってきてよけいに見た目が悪くなります。輪郭が変化し口元にしわがよってしまうことも。

3.咀嚼・発音の障害

きちんと咬めないことで胃腸に負担をかけてしまいます。また、歯がない部分から息が漏れて発音が不明瞭になります。

エトー歯科のインプラント治療

当院では、インプラント、入れ歯、ブリッジいずれの治療も行っており、患者様のご希望やお口の状態に合わせて最適な治療方法をご提案しています。患者様とよくご相談してから治療に入りますので、不安なく治療をお受けいただけるでしょう。歯を失ってお困りの方は一度当院までご相談ください。

CTスキャンなど高性能機器による精細な診断・治療

CTスキャンをイメージさせる画像をお願い致します。
当院では、安全・安心なインプラント治療のために、以下の高性能機器を導入し、安全・確実なインプラント治療を実現しています。

CTスキャン 従来のレントゲンでは見えないあごの骨の厚みや神経管の位置などの詳細な情報を確認できるため、治療計画の精度が高まり、より安全で正確なインプラント治療が可能です。
(株)メディカルスキャン二ングと提携しています。
サージカルガイド インプラントをあごの骨に埋入する際にはサージカルガイド(マウスピースのようなもの)を用います。サージカルガイドを歯に装着することで、インプラント治療の大きなリスクであるドリリングの不具合が最小限に抑えられ、正確かつ安全な埋入が可能になります。
ピエゾサージェリー 三次元超音波振動を利用した切削器具です。切削部分の長さ・深さを正確にコントロールできるので、神経や血管などの軟組織を傷付けず骨だけを切削できます。

麻酔科専門医と協力した静脈内鎮静法

治療の痛みに不安を抱えている方は多いのではないでしょうか? 当院では、患者様への負担を最小限に抑えるためにインプラント治療の際に、静脈内鎮静法を用いています。痛みを軽減し恐怖心を抑えた状態で治療をお受けいただけます。歯科治療に対して不安をお持ちの方、痛みに弱い方はぜひ一度ご相談ください。

様々なインプラント症例に対応します

当院のインプラント手術の実績は累計3,000症例以上。豊富な経験と実績により培った高度な技術により、難症例も含め様々なインプラント治療を行えます。他院にてインプラント治療を断られた方も当院なら対応できるケースがありますので、ぜひご相談ください。

ALL ON 4

片あごにつき4~6本のインプラントを埋入し、それを固定源として入れ歯を固定する方法です。失った歯すべての本数のインプラントを埋入する必要がなく、身体への負担を軽減できます。入れ歯のグラつきやズレなどは起こらず、硬い物でも難なく咬めるようになります。通常よりサイズの小さいインプラントを使用するため、あごの骨が少ない場合にも適用できます。

インプラントオーバーデンチャー 2~4本の人工歯根をあごの骨に埋入し、それを支えにして入れ歯をしっかりと固定させる方法です。骨量が不足している方や、今までの総入れ歯が不安定でしっかり咬めないという方におすすめです。
ショートインプラント 8mm以下と、通常より短いインプラントを使用する方法です。あごの骨が少ない場合にも適用でき、サイナスリフトなどの骨移植が避けられます。
ミニインプラント 通常のインプラントよりもサイズが小さい、直径1.8mmのインプラントを埋入する方法です。裏側に特殊な金具を付けた入れ歯とミニインプラントをかみ合わせることで、入れ歯を固定できます。しっかりと固定されるので硬い物でも咬むことが可能です。通常のインプラント治療に比べて費用は安く治療期間も短くすみます。
グラフトレス あごの骨が足りない場合でも再生治療を行わずにインプラントを埋入する方法です。長さが短いショートインプラントを用いたり、骨の残存している方向にインプラントを斜めに埋入したりすることで、骨再生治療なしにインプラント治療ができます。
抜歯即時埋入 抜歯した日に同時にインプラントを埋入する方法です。抜歯からインプラント埋入までを一日で行うことができ、歯がない期間がありません。治療期間の短縮、身体への負担の軽減、審美性の早期回復などさまざまなメリットがあります。
フラップレス 歯ぐきを切開せず、小さな穴をあけてインプラントを埋入する方法です。切開が必要ないことから、身体への負担が軽減でき、治療期間も短縮できます。術後の腫れや痛みもほとんどありません。歯ぐきの上から観察して骨量が十分だと判断できる場合に適用されます。
ソケットリフト

上あごの骨が薄い場合に行う方法で、骨の高さが5mm以上の場合に採用されます。上顎洞という空洞を押し上げて骨補填材や自家骨を入れて骨の厚みを補います。

サイナスリフト

上あごに行う骨再生療法で、骨の高さが4mm以下の場合に採用されます。ソケットリフトが行えないほどに上あごの骨が薄い場合に行います。上顎洞に人工骨の移植や骨補填剤の挿入を行い骨の厚みを補います。

GBR法

あごの骨の高さや幅が不足している場合に行います。骨補填材を入れて特殊な膜で覆い、あごの骨が再生するスペースを確保します。

  • トップページへ戻る
  • ページのトップに戻る