むし歯治療 歯が痛い・しみる

「痛い」「しみる」はむし歯の兆候です

こんな症状がある方は、もしかしたらむし歯かもしれません。むし歯は、自然治癒する病気ではなく、どんどん進行してしまいます。治療せず放っておくと最終的には歯を抜かなければならない場合も。初期のむし歯であれば治療も簡単に済みますので、むし歯かも?と思ったらすぐに歯科医院に行くようにしましょう。

進行段階と治療内容

進行段階 症状 治療内容

C0
【ごく初期のむし歯】

C0【ごく初期のむし歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布などで治すことができます。

C1
【エナメル質のむし歯】

C1 【エナメル質のむし歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質のむし歯】

C2【象牙質のむし歯】

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達したむし歯】

C3【神経まで達したむし歯】

神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し神経が入っている管(根管)をきれいにして抜歯を防ぐ 根管治療を行います。根管治療後はクラウン(被せ物)を使います。

C4
【歯根まで達したむし歯】

C4【歯根まで達したむし歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。神経が死に痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

ソフトレーザー (He-Neレーザー)

当院では、患者様の苦痛を最小限に抑えるために、ソフトレーザーを用いています。微弱な光を照射するソフトレーザーは、治療後の痛みが少なくすむ、治りが早いなどのメリットがあり、様々な治療に適用できます。

ソフトレーザーの適用症例

ソフトレーザーの適用症例
  • 口内炎の処置
  • 知覚過敏の治療
  • 根管治療
  • 歯髄保護 など

むし歯は予防が大切です

むし歯は、治療してもセルフケアや定期検診をきちんと行っていないと再発してしまう可能性が高い病気です。治療後も健康な状態が保てるように、ご自宅でのブラッシングをきちんと行うこと、定期検診に行って歯のクリーニングなどの処置を受けることが重要です。

エトー歯科ではむし歯治療はもちろん、歯のクリーニングなどの予防処置・ケアも行っています。健康な口腔内環境に保つお手伝いをさせていただきますので、お気軽に当院にお越しください。

>>エトー歯科の予防歯科はこちら

  • トップページへ戻る
  • ページのトップに戻る